工夫について

会社案内のパンフレット作成の工夫について

会社案内のパンフレットは、顧客に直接手渡す時など、営業マンが営業ツールとして利用する印刷物であることからも、企業の大半がパンフレット作成を行っており、商談の時や新規顧客との取引を開始する際に、信頼できる企業であることを知って貰う目的用意されています。
しかしながら、会社案内のパンフレットは必ずしも利用価値が高いものとは限りません。
パンフレットは読む人がそこに掛かれている事を理解する事が前提条件として存在しています。

しかし、何度も読み直してようやく意味が解ると言った事ではパンフレットの目的を達成させることは難しく、眺めるだけでパンフレットに記載されている事が理解出来て、しかもそれに対して魅力を感じ、訴求力を持たせることで商品が売れたり、サービスが売れたりと言った利益に繋がります。
そのため、読み手に掛かりやすい記載の方法を考える事がパンフレット作成に求められて来るのです。

写真を見る事で何を言いたいのかを伝える事が出来ますし、イラストを描いた場合も目で見て、それが何を伝えているのかを明確にすることが出来ます。
文章も努力をすれば解りやすい文章を書くことは可能ではあるわけですが、文章だけで魅力を伝えると言う事は難しいケースも在ります。
会社案内と言うパンフレットは新規顧客や商談の相手に対して会社の事を知って貰うと言う大切な役割が在り、案内にはコンセプトを設け必要な情報をパンフレットの中に盛り込んでいくことが必要です。

表紙にデザインを凝らすことは重要な要素の一つで、初めて会う顧客に対してのアピールの第一歩となる部分です。
そのため、パンフレット作成において表紙のデザインはこれから中を見る顧客への期待感を持たせ、会社の魅力を惹きたてさせる必要が在ります。
表紙をめくった後は、会社の代表取締役の挨拶や企業が持つ経営理念、会社概要と言った事が記載され、その次のページには事業内容や主要取引先、沿革と言った具合に掲載されていくのが一般的です。

尚、これらの内容と言うのは企業の規模に変化が起きる事でパンフレットもその都度修正や変更を強いられることになります。
営業マンの大切なツールの一つと言う事からも、変更が生じる度にメンテナンスを行って行く必要が在ります。

しかし、その都度改版を行っているのではコストも高くついてしまいますし、在庫として残っているパンフレットの処分もしなければなりません。
そこで変更等が生じやすいパンフレット作成の場合、ページにポケットを設けて、変更が生じた部分のペラ物印刷物を製作し、その都度ポケットに入れて顧客に渡すことで改版をせずにそのまま利用する事が出来るパンフレット作成が可能になります。